パッケージ製品

MC Parser

MC Parser (エムシー・パーサー)とは

C言語ソースコードをブロック図に変換し、可視化するものです。

例えば、次のプログラムは以下のブロックに変換されます。
x=x+1;
return;

このような簡単なプログラムでは、MC Parserの威力は発揮できませんが、
複雑なプログラムの場合、プログラム内容の理解に役立ちます。

特徴


1)C言語によるソースコードをブロック図に可視化することが出来ます
2)MATLAB/Simulink と同様の表示を行うことが出来ます(オプション)
3)MATLAB/Simulink のモデルファイル(拡張子=.mdl)のファイルを生成することが出来ます(オプション)
4)対象となるCソースコードを最適化処理することが出来ます(オプション)
5)C言語によるソースファイルを入力し、MATLAB/Simulinkのmdlファイルに変換します。変換例は SMART Viewer For SIMULINK表示サンプル6 のCtoMDL.mdl を変換したファイルをご覧下さい。

※表示には、Adobe SVG Viewerが必要です。
ブラウザ画面右側にブロック線図が表示されない場合は、Adobe SVG Viewerをインストールしてください。

Adobe SVG Viewerのダウンロードはこちらから

稼動環境


  • 【ハードウエア構成】
    1. Windows2000/XPマシン(メモリ推奨256MB以上)
  • 【ソフトウェア構成】
    1. 1)OS:Windows2000/XP
    2. 2)MinGW(gccのWindows版)
    3. 3)IE6+SVG Viewer3.0 (本ツール以外で参照したい場合のみ必要)

設定


以下の設定を行って下さい。

※MC Parserのインストーラを実行して下さい。
インストーラCDを挿入により、自動起動します。

トップに戻る

MC Parser(機能)


機能

以下 3)、4)、5)は、オプション機能となります。

1)C言語によるソースコードをブロック図に可視化することが出来ます。
2)MC Parserで生成するブロックは、ブロック一覧の通りです。
3)MATLAB/Simulinkと同様の表示を行うことが出来ます
4)MATLAB/Simulinkのモデルファイル(拡張子=.mdl)のファイルを生成することが出来ます
5)対象となるCソースコードを最適化処理することが出来ます
6)シミュレーション処理を行うことが出来ます
【注意事項】
モデル化対象のCソースコードは、同一のフォルダの直下に存在しなければなりません。
トップに戻る

MC Parser(評価版ダウンロード)


MC Parser 評価版ダウンロードについて

評価版の操作説明はここからダウンロード(zipファイル)できます。

評価版ダウンロード手順


※ダウンロードにはパスワードが必要となります。
以下よりパスワードを取得後ダウンロードを選択してください。

パスワードの取得はこちらから

MC Parser 評価版ダウンロードページへ

  • 【ダウンロード手順】
    1. 1.ダウンロードページにて、氏名・パスワード・メールアドレスを入力。
    2. 2.SetupMCParser.exeをダウンロードしてください。
※インストール後、有効期限は3ヶ月です。

  • 【インストール及び実行手順】
    1. 1.MC Parserのインストーラ(setup.exe)を実行して下さい。
    2. 2.デスクトップのMCParser アイコンまたは、スタートメニューの
       すべてのプログラムよりMCParserを選択し実行して下さい。

MC Parserに関するお問い合わせは
ネットフォース株式会社 MC Parser担当:柳生・若原
TEL:052-453-7117 FAX:052-453-0760
e-mail:research@netforce.co.jp

トップに戻る

お問い合わせ・ご相談
システム開発・製品開発に関
するご質問、お見積、ご相談等
お気軽にお問い合わせ下さい。